1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15


【 1/31 すごいぞ象さん 】

多国籍9名を乗せたワゴンで、1Dayトリップへレッツゴ!
まずは、メー・サー・エレファント・キャンプへ。日頃の訓練の成果をショーで披露してくれます。完成度は予想以上に高いです。象のショーでしょ〜なんて言わずに、チェンマイへ行ったら楽しんでくださいませ。
笑えたのは、象さんの大きな足で施してくれる心臓マッサージでしょうか。ショックが入るたびに、横たわる人間の体が波打ってましたけど(笑)、あれなら生還間違いなし?!そして驚きは、鼻で筆を持ち描くアート(下の写真右)。ワンダホーなこのTシャツや絵は、ショップにて購入可能でございます。そうそう、頑張る象さんにプレゼントしたい方は、事前にバナナかさとうきびを購入しておきましょう!



この後、いかだ下りを45分ほど楽しんだ後にキャンプ内でランチです。ご多分に漏れず美味しいご飯。しかも食べ放題♪
午後はお待ちかねの象さんライディング。背中にセットされた二人乗りのイスに乗ります。結構って言うか、かなり揺れます。傾斜のある下りや上りは、イスにしっかり掴まっていないと落ちるでしょうねぇ。片手でカメラを持つ私は、エリに「よく落ちないね」と言われながら、キャーキャーしてました。川を渡り、山の中へ、たっぷり1時間歩きました。

帰り道、オーキッドファームへ立ち寄りました。タイ国際航空のシンボルにもなっている蘭が、ここにはいっぱい咲いています。しかも花博開催中ということもあってか、マニアっぽい人々がものすごいレンズをつけたカメラで撮影してました。タイの蘭栽培は、日本で見るものと異なり、鉢植えではないのですね〜〜〜。

夕方ホテルに戻ってからは、近くのショップを散策。夕飯はナイト・マーケットで縁日のように買い食いしてきました。どうやらここは、若者の集う場所っぽく、食べ物がチープでした。2人で300円くらいだったでしょうか。それにしても、タイ入国後のエンゲル係数の低さったら無いですね(笑)。食べなかったけど目を惹いたモノ↓


【 2/1 またしても北上 】

チェンマイに来たならドイ・ステープに行かなくては・・・と地球の歩き方にも書いてありましたので、チェンマイを去る前に行って参りました。ケーブルカーで登ったステープ山の頂上からはチェンマイ市街が一望できます。観光客の多さもさることながら、実際にお寺として利用している現地の方々の多さが印象的でした。キンキラだったということも忘れずに書いておこう。


ドイ・ステープからの帰り道、旧市街で降ろしてもらい、ワット・プラ・シンにも寄りました。

建物の中では、若いカップルと僧侶の図。何を相談したのでしょうか?
タイの多くの寺院では、フラッシュはダメとか、周囲に迷惑をかけるような撮影はもちろん禁止されていますが、撮影自体は禁止されていない所がほとんどでした。それだけ生活に密接しているということなのかなぁ。


その敷地の外では、犬が、犬達がゴロ〜ン。無防備を通り越してダラシナイくらいですよ。

タイでは、石を投げれば、寺か坊主か犬に当たるって、先日のガイドさんが言っていましたがその通り。みなさん絶妙な距離感で暮らしている。


預けておいた荷物をホテルに取りに行き空港へ。
夕方の便で、メーホーンソーンという町へ飛びました。今日の宿は空港近くの小さなゲストハウスです。空港から中心地散策が徒歩にて可能という小さな町ですが、夜になると、中心となるチョーン・カム湖の周辺には、屋台や出店が並ぶので、その周辺のゲストハウス利用が便利です。
ここの犬は、食べ物をねだるということがお仕事のようで、今まで見てきた犬とは異なり、必死にアピールしてきます。
見てくださいこの背筋を →→→


<<戻る  ■CLOSE■  進む>>