1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15


【 2/12〜13 シーロダーラ 】

2日とも夜中の小便で目が覚める...。
そして2日とも早朝の胃痛と腹痛に苦しむが、腸内がキレイになった!という爽快感で朝食へ向かうことができた。初日、寝る前に飲んだクスリがなくなったからだろう。ただ、ガスがすごく溜まってお尻からバフッと噴出される。いかがなものか。救いなのは、夜中の小便も早朝の苦しみもガスの噴出も、2人一緒の症状だと言うことだ。


シーロダーラとは、額にオイルを垂らす。この施術を行う日は、「何か」をしちゃダメ。という、無理難題つきなもの。日に当たるのも、風に触るのも、運動も神経を集中させるような読書も外出も昼寝も、、、。針やマッサージも今日は無し。

私達のシーロダーラ期間は2日間。オイルを垂らされた頭はギトギトのまま、布で包まれ2日間を送らなければならないのです。

←ここがマッサージなども受ける治療室
今日はシーロダーラのセッティングがされています。あの天井から下がっている壷の下に額が来るよう仰向けになる。

グァングァングァンとファン風が回る部屋で、昼寝と読書を貪る2人(−−)
シーロダーラを受けると、体の悪い部分や、何かしら不調を訴えるケースが少なくないそう。
私達はそんなことありませんでした。


相変わらず飲み続けなければならないクスリたち(ページ上の写真は、15:00になると部屋ごとに処方される薬の棚)


【 2/14 失敗ミニ外出 】

今日ももちろん、夜中のオシッコと、朝便。
白い布に包まれたギトギトの髪をシャンプーで流してから受けた今日のマッサージ。
すっかりマッサージの工程にも慣れ、言葉での指示ではなく、ペンペンとお尻を叩かれれば横を向き、また叩かれれば逆を向くという連携プレー。以前と違っているのは、ハーバルバスではなくて、スチームバスに変わったことくらい。

相変わらず午前中で施術が終わってしまうので、隣町のベントタ 周辺に行ってみることにしました。期待はしてなかったけどねー、国営のショッピングセンターなんて、廃墟同然ですよ。がっくし。
せっかくトゥクトゥク代払ってここまで来たのに、これはケチケチ根性が許しません。街中のスーパーに寄ったり、ソフトクリームが食べたいんじゃぁ!と、看板を必死に見つけて買ってみた。見た感じからちょっと違っていたソフトクリーム。味も私の知っているものとは違った。あれは何味だったのだろう・・・?

←ドアから人がはみ出ていたけど、バスよりも良さそうな・・・


ホテルの敷地内には、どこのだれべぇなのかわからない犬やネコがウロウロしてます。
朝起きると部屋の前に丸まっている犬。おやつの時間を知っていて、おねだりにくる犬。縄張り争いで傷ついた犬。



レストランへやってきて、座っている腿に足をかけて「チョーダイ」と、催促をする猫。
くれそうな人のところを渡り歩くしっかりさん。

今日のディナーは、バレンタインということもあって、ビュッフェの豪華メニュー。ぱふぱふ〜。
食事の時間になりレストランに集まってきた女性群の口から、溜息のような喜びの叫びのような声がアチコチで聞こえた。私もそうだったけど、淡白な夕食に、みんなそれなりにストレスたまってんのね(笑)
だからと言って、肉は出てきたりしてませんよ。ビュッフェなので好きなだけ食べられるし、デザートがいつもよりも豪華だったのでした。


<<戻る  ■CLOSE■  進む>>