1 | 2 | 3 | 4

 

 

【 itinerary 】

6/24 成田NRT→シアトルSEA(空路8:39)→カルガリーYYC(空路1:25)
6/25 カルガリー滞在
6/26 カルガリー→バンクーバーYVR(空路1:23)
6/27〜7/1 バンクーバー滞在
7/2 バンクーバー→シカゴORD(空路4:04)→ワシントンDC/レーガンDCA(空路1:47)
7/3〜7/6 ワシントンDC滞在
7/7 ワシントンDC/ダレスIAD→シアトル(空路5:41)
7/8 シアトル
7/9 成田(空路10:14)


今回の北米行きは、留学の下見を兼ねての一人旅。例によって、予定を立てるのが遅いので、安いチケットはキャンセル待ちも不可能な状態。ローカルなキャリアは、日によって料金が変動したりして、毎日サイトで睨めっこ。なかなかどっこい、旅予算の中でフライト料金が占める割合は馬鹿にできませんので。考えた結果、シアトルを起点に、乗り継ぎが怪しいところは同じキャリアを選んでフライト決定!

それにしても、大阪は空港に行くのが便利でした。ここ水戸から成田までは、3時間くらいは見たいところ。2010年には茨城空港ができるという話が進んでいるようですが、あまり関係ないだろうしな。


【 Canada 〜カルガリー〜 】

まずはシアトル経由でカルガリーへ。アメリカは、他国へ向けてのトランジットでも入国手続きが必要です(よって荷物もスルーできません)。入国審査官の疑いの攻撃を無事くぐりぬけ、アラスカ航空でチェッキングイン。アメリカでは飛行機が人々の主力移動手段だけあって、システマチックで便利なのでしょうけど、、、。オンラインで予約したとき、アメリカ人とカナダ人以外は搭乗者詳細をインプットできなかったので、自動チェックインができないのですが、アシスタントカウンターでこんなに時間を取られるとは。確かに、そう書いてあったけどさー。次回利用するときは、事前に情報を送れるように依頼してみようと思いました。私は乗り継ぎに余裕がありましたが、そうでない人はソワソワものです。並んでいる最中に、システムが何度もダウンしてたし。


← 中央あたりのセキュリティーチェックを受けたところに広がる光景です。


ここはフードコートエリアです。各々がテーブルでフライトの合間の空腹を満たします。種類が豊富なので、きっとお好みのものが見つかるでしょう?!

カルガリー空港でもまた入国審査官に激しい質問を受けました。ハイハイ。
宿のあるダウンタウンまでバスと電車(C-Train)を使って移動ですが、よくわからなかったので空港の案内スタッフに尋ねたら、とっても親切に案内してくれて助かりました。バスからC-Trainに乗り換えるようなのですが、降りるポイントがわかりにくいので、運転手さんに言っておくといいかも。

**交通機関について
地球の歩き方('08-'09)には、バスと電車料金が、$2.25となっていますが、$2.50です。乗車時に支払う場合には、ぴったり準備するか、Safewayなどのショップで買うこともできます。バスからC-Trainに乗り換える予定のある人は、バスに乗り込む際、トランスファーチケットをもらうことを忘れずに、そして失くさずに。C-Trainに乗るために駅でチケットを買った人は、それがトランスファーチケットにもなります。これらのチケットは、買ってから90分有効ですので、その間に何度もバスやC-Trainに乗ることが可能。駅には改札等ありませんが、抜き打ちチェックをしていて、持っていないと罰金だそうです。ちなみに、ダウンタウンの(10.St SW駅〜3.St SE駅)のC-Trainは、無料区間!! **


カナダでの宿は、カルガリーもバンクーバーでもユースホステル会員になると、世界中のユースホステルが若干お得な金額で利用できます。カルガリーのホステルは、ダウンタウンの端っこにあります。ダウンタウンの中では、あんまり雰囲気の良い場所ではないかも。だからと言って危険を感じるような場所ではありませんでしたが。

そもそもカルガリーのダウンタウン自体が、とってもこじんまりしています。忙しい時や疲れている時などは乗り物の利用価値もありますが、いったん街に出てしまえば、その中だけなら十分歩けそう。自転車なんかあったらもう十分。しかし!夏限定でしょうね〜。
カルガリーでは予定がギッシリ詰まっていたので、写真を撮る余裕が無かったようです(^^;)。カフェでのんび〜り人間ウォッチングとかする時間も無く・・・。そうそう、街を歩いていて気がついたこと、各ショップが外に向けてアピールしていないこと。忙しかった私は、だから余計に街の様子を伺い知ることができなかったのですが、これは厳しい冬への対策だそうです。屋内で繋がっているところが多く、みなさん中を歩くんですね。それにしても夜10時になっても明るい空には戸惑いました。

← 空港からのバスを降りて駅に向かう途中、歩道橋の上から。
ご覧のように、郊外はガラ〜ンとした雰囲気です。冬は寒そう・・・。

■CLOSE■  進む>>