■■2005年2月■■


6日 行くぞ!

プータロウの分際で、プータロウだから、なのか、明日から旅に出ます。
選択肢はイロイロありましたが、アフリカに決定。大まかな旅程は決まっていますが後半は空白部分も有り。情報収集しながら動きます。なんだかかっこ良く聞こえたりしますけど、、、
英語が少し話せる→【X】
英語がほとんど話せない→【○】
こんな私にとっては、トラブルが無いことを願うばかりです(笑)
とは言え、旅慣れた友人と2人での行動ですので、たぶん大丈夫だと思う。

大or小のスーツケースしかないので、ガラガラの大きなスーツケースをお供する。まさか帰りのスーツケースに、大きな木彫りのキリンとか入っていないことも願う。絶対買ってこないって思うんですけど、ちょっと心のどこかに「わかんねーなー」っていう変な思いもあるんだよね〜。こんなの初めてなので、自分で自分に不安なんです。げぇ

治安とか病気とか、キリっと緊張するものはありますが、 どんなアフリカを感じることができるのか、どんな時間を過ごせるのか、ワクワクしてます。気を緩めすぎずに楽しめたら最高なんだけど。

ひろくん、ムック、お留守番お願いね!



5日 ちょっと得した気分

胃の調子も良くなり、俄然、外食モード突入。そういう時は「焼肉食べたい」が合い言葉です。が、徒歩で行ける気になっていた韓国レストランにチャレンジ!
→ 大失敗 → おでんbarで飲みなおし

マズかったぞー!悔しー!きー! これなら焼肉にしておくんだった・・・などと未練タラタラ。だってさー、週末ともなれば寒空の下で待つ人ができるレストランだったから、まさかマズイとは思っていなかっただもん。まぁいいさ。2度と行くまい。
1品目のキムチ盛り合わせがテーブルに出されただけで「失敗したか!?」と思ったもんな。とは言え、とにかくオーダーしたものを食べてから、おでん屋へ。お腹いっぱいなのに・・・

HIROいわく、マズくて残念だったけど、2軒もハシゴできて幸せ。
NORIいわく、おでん屋で、最後に頼んだ焼酎1杯が加算されていなかったのでラッキ。

でした。



4日 牡蠣が食べ時

またしても八百屋のおっちゃんの登場です。美味しい牡蠣が安ぅ入るで〜と言う事で注文。八百屋で牡蠣?と思いますが、このおっちゃんの仕入れてくる、アサリとシジミの美味しさには驚きで、お勧め品はとりあえず試してみる価値があります。もちろん野菜や果物も良く、特にイチゴとリンゴの当たりDayは最高な味。牡蠣は必要なグラム数を前日に注文すれば仕入れてくれます。
露店ですから、ムックの散歩に行きながら毎日のように、おっちゃんに「おはよ〜」「こんにちは」「こんばんは〜」と挨拶。今日はポカポカのお日様の中、牡蠣を取りに行きました。
200gで360円。「え?いいんですか?」
何でも、ノロウィルスの影響で値段が暴落しているらしいです。今が食べ時。行っとけ!
フライにして食べたら、これまたメチャウマでした。あまり得意としない食べ物の一つのハズなのに箸が進む進む。何でかわかんないけど、揚げ縮みしない牡蠣だったな。。。


寒い日が続いたせいか肩がコリコリ。ほぐしてもらいにマッサージを受けたいくらい、、、
「!」美容院へ行ってこよ〜っと、ちょうど中途半端に伸びた髪をいじくってもらいました。
丁寧にシャンプーしてくれ頭皮が喜んだ後に、待っていましたマッサージの時間(^^)
「ど、どうしたんですか!?この硬さは。ヤバイですよ」って。昨日までの2〜3日、頭痛がひどかった。これじゃあ良くないから、もう少し暖房設備に頼ろうかな。



3日 クンクン

匂うぞ臭うぞ。
阪急の地下に足を踏み入れた途端に、酢メシに海苔がまとわりついたときの海苔のニオイが漂っている。夕刻、我がマンションは、鰯を焼くニオイが充満!!すごすぎる。どれだけの家庭で焼いてんねん!恐るべし節分。我が家も海苔屋さんの戦法に乗った。いつもの八百屋のおっちゃんが、おいしい鰯があるから是非食べてみーと言うので、おっちゃんのセールスにも乗る。太巻きはマズかったけど、鰯は超美味しかった。ふーん、あれならイイナ。実はあんまり鰯は得意じゃない。焼いた後の片付けの憂鬱さも原因に含まれる。でもアンチョビは大好き。
豆まきもやったぞ。この2〜3年、節分に忠実なNORI家。


←1月  3月→