■■2004年12月■■


28日 帰ってみれば

昨夜、寒かったソウルから戻ってみれば、再放送の冬ソナにどっぷりハマっている男が、10:00〜TV前を陣取っていた。今日も飲み会だけど、10:00前には戻ってきた。挙句の果てに、明日は出張で夜中戻りになるので、このままレンタルビデオで明日の分を借りて来い(朝まで見るから)という。恐るべし韓流。私じゃなくてHIROがソウルに行ったほうが良かったかもね(笑)
冬ソナも、美しき日々も、その先の展開が手に取るようにわかる単純さが、結構ツボだったりするのかも(^^;)

いや、でも、本当に寒かったですソウル。



23日 寒そう〜

飛行時間1時間50分、時差無し、日本のヨン様大好きおばちゃんたちの恩恵で言葉には困らないことでしょう!
そう、何も考えなくて行けるソウルへ行ってきます。って、ちょっと急がなければ・・・
5時に関空。シャワー浴びてパッキングせねば!!(只今13:00)



14日 トリップ

地図を見て、時間も忘れて一人旅。
邪魔になること必至だけど、部屋に置いておきたいと思えるような地球儀が欲しい。それでいつでも旅行に行ける。
でも、本当に飛びたくなっちゃうかな??



13日 冬?

寒くないですね〜。この冬はコート要らずなのかな?これじゃあ洋服メーカーさんは困っちゃうだろうな。だって、欲しいコートがあったけど、今年は着ないかも、、、もしかしたら来年はもっと要らないかも、、、(笑)と思って節約した。
バーゲンで残っていたら買おうかな。



8日 真夜中のティータイム

アップルパイを作ったのはいいけど、バニラアイスが無い。シフォン・ガトーショコラには生クリーム、アップルパイにはバニラアイスでしょ。ストロベリーアイスじゃねぇ・・・もう夜中だし(って夜中に食べるんかい!)、今日はアイス無しで我慢だわ。


お供のドリンクは、紅茶。マスト!
紅茶ってイマイチ好みがハッキリ掴めません。とにかく色々試しています。コーヒーも、色んな種類を試したおかげで、自分好みが掴めつつあるし。こういう中での新たな発見って面白くてうれしくて、そんな瞬間がたまらなく好きなのかも知れない。
選ぶったって種類は知れているけど、飲み物や気分によってカップを選ぶのも、気分的には大事。今日のカップは、東京に住んでいた頃に知り合った方から、転勤のお別れにと頂いた大切なもの。カップ&ソーサー&プレートのアンティーク2セット。スウェーデンに住んでいた頃にたくさん集めたそうです。みんな普段使いされてましたので、生きたお皿たちって感じで温かみがあります。もちろん頂いたこれも。



6日 余裕の無い人

混雑した郵便局での出来事。

2つの郵便物窓口を1列に並んで順番を待ちます。窓口と並んでいる人は多少の距離があります。お年寄りの比重が高い郵便局では、ちょっと離れたところに並んでいる人々の姿は視野に入らないようで、、、1人、また1人と、並んでいる私よりも窓口に近い位置で待っている方が用事を済ませていく。

「ぐぇー、また危険人物が近づいてきた!!  ワナ・・ワナ・・・ 来るな入るなー」
1人くらいなら「お年寄りだし、しゃーないか、、、」と、心に余裕のある人を装ってみるけど、そうもいかない心情になってきたところで、窓口の方が「アチラに並んでいただけますか?」と伝えて、やっと自分の番が回ってきたのだった。しかし、私がどいたあとには、また違うお年寄りが(笑)。そして、いつの間にか長蛇の列ができていたのだった。改善を望みます!

ある意味、郵便局は一種独特の空気が流れているように感じられるんだよね。


 











3日 はんなりと

先月末に、じょじょと、ぷらっと京都へ。
まるで計画性なしのため、アレヨアレヨという間に時間は経って日は暮れるし・・・これも大阪という土地に住んでいるから成せる業。関東から来ていたら、こうもしていられないですよ。
初めて紅葉のライトアップを見ましたが、いや美しい。
同じ場所で、昼も夜も観賞したいなぁ・・・


2日 今日よりも明日!

昨年とは少しだけ違ったタイプのシュトーレンをパン教室で作りました。焼きあがって数時間後に食べたときと翌日食べたときとの、味の違いにマジで驚き!本当に熟成しているんだなって感じです。
1週間くらいしか日持ちがしないタイプなのですが、毎日味の変化を楽しみに、ちびちび食べたいと思います。
そうそう、昨年出せなかった結論を今年は出せました。 シュトーレンには、コーヒーではなく紅茶をセレクトですね。アールグレイ系ではなくてダージリン系のやつ。スッキリした(笑)



1日 師匠より

私には、味噌・梅干し・らっきょう などなど、ちょっと手間のかかる保存食を自分で作るきっかけを与えてくれた方がいます。
自宅で作ったそれらのものを送ってくださり、それを食べたときの感動が忘れられなかったというのがきっかけ。どれも買うものよりも何倍も美味しく感じられたんですよね。今でも忘れられないかも。いつしか家で作る保存食も、あの味に近づいてくれるのだろうか・・・
先日、畑で採れたトウガラシを粉末に加工した「一味」が届きました。かわいいパッケージで!


←11月  1月→