■■2003年6月■■


29日 懲りずに焼肉

何が私をそうさせる!(笑)
「何か食べに行こうか」という話になると、必ず頭に浮かぶのが焼肉。
鶴橋にひとつ気になるお店があるのだけど、今日は近場で見つけようということになった。
「薩摩の久保」というお店へ自転車で向かう途中、行列のある幾つもの焼肉屋を見る。
こんなに焼肉屋があったんだ・・・

カルビ本日のお店は、1Fが精肉店になっていて鹿児島牛を扱う。
特上カルビは骨付きでは無いことを確認して、お肉を数種類と、ごはん(大)もオーダー。

これがその特上カルビ(900円)


噛んだ瞬間に驚きが広がった。
カルビ?霜降りサーロインじゃないの?
う、うますぎる・・・


そしてもうひとつの驚きは、テール雑炊。
お肉を全てたいらげたという前提で計算されつくされた味と量だと思う。
そもそも、焼肉屋で白いご飯以外のごはん粒を食べることが珍しく、それを「美味しい」と心の底から思えたのは初めて。感動というか衝撃的でした。

お肉は絶対もう私のお墨付き(笑)ですが、私は焼肉を食べに行ったわけで・・・・・・・・・・
タレについたお肉をジュージュー焼いて食べたい。
ごはん大盛はもちろん食べましたが、いつものようにおかわりが必要なかった理由はこれだったんだ。また焼肉屋探しの旅は続くのであった。




26日 束の間の梅雨明け

実に爽やかな1日でした。こういう日は、家にいても外に出ても気持ち良い。
雨の日も何故か気持ち良い時もあるのに、晴れたときの気持ちよさとはまるで違うもの。


雨で流れていたテニスの振替レッスンを2回分、朝と夜に分けて受講してきました。
テニス筋がついたのか、筋肉痛にはならなくなりました。

本当なら同じコーチに教わるハズが、振替のせいで今月の4回のレッスンは全て違うコーチから受け、それが吉と出た。(コーチによって指導方法は違うので、混乱することも多々有り)

夜のレッスンでは、今までにない感覚を覚えました!すごい!自分でもビックリ。
目から鱗のこの感覚、スキーでもあったなぁ。

まだ自分のものにはできていないので、今すぐにでも打ちたーーーい。のだ。



23日 ダメダこりゃ

朝、気がついたらHIROがソファに座っていた。
「寝坊しちゃった」
慌てふためく寝坊ではなく、自分が起きたかった時間は過ぎていたらしい。

何でも、早朝に火災報知器が鳴りっぱなしになったそうで・・・
私はまるで知りません。

「ああ、もうこの音で起きないようじゃコイツは間違いなく死ぬな」と思ったそうです。
私もそう思います。



20日 今のわたし

失業保険受給中とは言え、仕事をせずに自分の時間をほぼ自分の思うままに使っている今。今日は朝からテニスをして移動図書館で時間を潰し、借りてきた本をめくりながら寒天を溶かす。
優雅と言えば聞こえが良いような悪いような・・・その類では無いことは確かなんだけど(爆)、HIROくんが見守っていてくれるからこその今の生活。感謝しています。名古屋でも一緒に働いてきたし、これからももちろん。もう少しだけ、昼間のゆったりとした時間をムックと過ごせる日々が続きそうです。



19日 食べたい!

湿度も気温も高くなると頭の中に浮かんでくる食べ物がいくつかあります。
小アジの南蛮漬け、タコサラダ(ゴマ油かけ)、ヒレかつ(練り梅やにんにくを挟む)、
なすの素揚げひきにくあんかけ、魚とアサリの蒸し焼き、酢の物全般など。
簡単だから夏以外でも作っているんだけど(^^;

RecommendにもUPしていたレシピの中から、今が旬のいさきを使ったものを紹介!
白ワインの代わりに日本酒や、パセリの代わりに青じそでも美味しいよ。

何が美味いって、蒸した時に出たスープなのです。
アサリを余分に買っておいて、翌日のランチでボンゴレを作る際に、残ったスープを
入れるといいかも。


魚とアサリの蒸し焼き

材料(2人分)
・いさきや鯛やスズキ
・あさり
・オリーブオイル
・にんにく
・トマト(角切り)
・赤唐辛子(ぶつ切り)
・白ワイン
・塩、コショウ
・パセリ(みじんぎり)
1匹
200g
大さじ2
1かけ
1個
1本
大さじ3
適宜
適宜

ダイナミックな盛り付けが楽しい、お魚料理。
材料さえ揃っていれば、簡単です。
  1. アサリは塩水につけ、砂抜きしておきます
  2. イサキは内臓を取り(私はお店でやってもらってる)、飾り包丁を入れて塩をふる
  3. フライパンにオリーブオイル少々を熱し、イサキを両面色よく焼く
  4. 3に薄切りにしたにんにくを加え、風味がつくように軽く焼く
  5. 4に水を切ったアサリと、トマト、赤唐辛子、残りのオリーブオイルを入れ、
    白ワインを加えて、ふたをして蒸し煮する。(汁気が無ければ水少々をくわえる)
  6. イサキに火が通ったら、塩・コショウで味を調え、パセリを散らす



16日 不満

------------------------------------------------
日曜日の夜中に北海道から戻りました。
言葉ではうまく説明できなさそうなんだけど、
MUKKUのページで少しずつ旅の様子をUPしたいと思います。
------------------------------------------------

今日、新しいオーブンレンジが届きました。5月に新調したばかりのオーブンの交換品です。
最近購入する生活雑貨全般的に外れが続いていて、修理や交換ばかり。なんでだろ?
別に使えるようになれば良いのですが・・・

コーヒーグラインダーにいたっては、修理に出したら別の箇所が壊れて返ってきたというお粗末さ。2度目の修理で送ったときは音沙汰が無くて、10日近く経ってからこちらから電話した。
「すぐに検査して送り返すか、別のモノを送るという話だったのですが」と言うと、
「担当者が先週からお休みですので」と無愛想な女性の声。
しまいには「新しいものを送ればいいんですか?」みたいなことを言っている。ダメだこりゃ。

私って、こういうときにガツンと言いそうなタイプなんだけど、そうでもなくてHIROに怒られる。「そんな言い方じゃダメなんだよ」って。
いや、本当は言えるんだけど、クレーマーじゃないし、真摯な対応を望むからこそ、気持ちをグッと飲み込むことにしている。もちろんあんまりひどかったら、あーた(爆)

結局新しいものが送られてきたけれど、不良云々ではない製品の欠陥もあるようで、、、
タイミングが合ってしまうと、部屋の電気スイッチのオンオフでグラインダーが回ってしまう。
今はそのタイミングがわかったので失敗はしていないけれど、キッチンがコーヒー粉だらけということが数回ありました。回路の問題でしょうか。

そして私は決めたのです。あそこのメーカーの製品はもう買わないと。



6日 行ってきます

夜中1時すぎのフェリーに乗って北海道へ行ってきます。
北海道の地図は図書館で取り寄せてもらいました。本当に便利なんですねー。
料理の本なども無いものは無いってくらいの種類があるので、上手に活用したいです。


北海道、イロイロ調べてみると、クマが・・・
会う確率が高い所へ行かないのは当然ですが、それでも偶然会ってしまったらどーしよー。まじこわっ

今回の旅は、フェリーのみの予約しかしていません。疲れ具合や天候、お気に入り度合いなどによって、現地にて決めることになりそうです。
お得&オススメ現地情報を思いついたときにはメールしてくださいね。

北海道の大地を、しっかり踏みしめてきたいと思います。



4日 太りました

地下鉄の階段と、朝から夜まで立ちっぱなしは、筋肉通な体にこたえました・・・
関西の方って、どうしてボケとツッコミなくして会話が成立しないのでしょう?
おかしくって、これまた腹筋が痛かったです。

あんぱんここのところ、パンだお菓子だと作っては食べまくっていたらば、たらばたらば、たらば。
ズボンのウエストがきつくなった。
体重計に乗った。
知らないうちに2kgも増えていたぞ。やばっ
それでもパンはやめられない・・・




3日 Diary


本日、テニスのスクール初日。前回は体験レッスンでしたの、おーっほっほ。
しかし、、、またしても開始10分も経たないうちに、右尻下の筋肉がプルプルしだす。
なんとか90分凌いだが、家に着いてからはドッコイショの嵐。
あーまたしても私の明日はあるのだろうか・・・。
つーか、いつかこの筋肉痛にならなくなるのだろうか。

スクールは、とっても楽しい。きちんとした指導を受けるのは初めてなので、コーチが教えてくれることをそのまますると上手にできたりしてうれしぃ。言っていることは理解できても行動が伴なわないことの方が多いのも事実。
5名で受けたレッスンは、一人のおっちゃんを除いて、想像していたよりずっと気さくな人たちばかりで一安心。このおっちゃんが、ひとクセもふたクセもあるようで(爆)
私は聞こえないふりとか出来ちゃうタイプなので気にならないんだけど(w爆)
早く次のレッスンにならないかなー♪ (早すぎっ)

クッキー朝一のレッスンから戻り、すぐさま粉と格闘する。天然酵母パン作りとムック用クッキー。昨日は人間用のを作った。
今週末から北海道に出かけるのに、万が一遭難したら、やっぱ命を繋ぐのはクッキーだろう!と先日の群馬県での遭難事故を見てピンと来た。全く計画も準備も進んでいないのに、私の思考回路とはこういうものなのでございます。第一、遭難する場所に行くのか?という話もありますが。
HIROも飽きれて何も言いません(^^;



2日 勝手にリサーチ・掃除機編


大阪に引っ越して買い換えの必要性を感じた掃除機。
騙し騙し使っていたのですが、今度の住まいはオールカーペット。ムックの毛が絡み付いて、壊れかけたブラシでは吸い取り率悪し。
以前からの漠然とした候補として、ミーレ・ダイソンが上がっておりましたが、何せ高い。
夜な夜なネットで調べては悩みました。そういう時は消去法(笑)
本当なら一番求めている吸い取り力がバツグンらしいミーレですが、とにかく重量級。×。

ヨドバシカメラに足を運ぶと、実際に使い勝手を試せるコーナーがあった。ダイソンもある!
国内メーカー主要のものも全部試してみた。
気になるダイソンの吸い取りは、思っていたほどでは無いということ。国内メーカーのものの方が強くさえ感じました。それなのに値段は倍近いので、ダイソンへの決定力無し。

購入したものは、東芝のVC-R12Cです。
ヨドバシでは54800円 →→ ネット通販で見つけて36200円。

ちなみにダイソンで悩んでいたデュアルサイクロンモーターヘッド
定価84000円 →→ ネット通販で見つけた最安値54400円でした。
今チラッと見てきたら、モーターヘッドよりも新しいものが発売されているみたいですね。
そちらの商品も安く売っていました。私はここの通販を利用したことが無いので、オススメとは言えませんが、参考までにこちらです。

えっと、約2ヶ月使用してみた東芝の掃除機の感想を。
日本の製品全般に言えることですが、別段必要としない機能は付いています。

小回りOK!サイクロン万歳! っちゅーところ。簡潔すぎ?(^^;

まだまだ日本の住宅には、この小回りが必要ではないでしょうか?
賛否両論ありますが、紙パックが必要ないというのはグッド。
吸引力もすごいのでしょう。あっという間にゴミがいっぱい・・・うれしいやら悲しいやら。
小回りがきくという反面、ダイソンに比べるとゴミタンクが小さいのがたまにキズ。

なんだかなーと思うのは、ブラシの部分でしょうか。これはヨドバシに置いてあったダイソンもそうでしたが、毛がブラシに絡みつくので、しょっちゅう手で取るようなのです。
昔の掃除機とは形状が異なるので仕方のないところなのでしょうかねぇ。



1日 招かれざる珍客

先日種蒔きしたハーブの芽が出ているかどうか眺めるのが楽しみな毎日。

NORI:「うぉをおっ!こいつも出てきたぞ〜かわええの〜」
NORI:「ぬぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおお」
HIRO:「なんだ、どうしたっ」
NORI:「ぎょええええええええええ」
HIRO:「だからどうした!」
NORI:「あ、アイビーの葉っぱが食われてる。うんこが落ちてるぅ。アワワワ」

と言うことは、アオムシくんがどこかにいるということで・・・(鳥肌)
何故か部屋中を見渡す私でした。
冷静さを取り戻し、周りのグリーン類をチェック。

NORI:「うわあああああああ、いたーーーーーーーーー!こいつだーー」

何度もスミマセン(笑)
だってさ、キライなのさ、怖いのさ。
こいつは、たった1日でこんなに大きくなるのかな?
だって、昨日このアイビーは移動したばかり。その時は食べられてなんかいなかったもんな。

←5月  7月→