30/Aug/2002

ヘビーで贅沢


ハンバーガー夕べのご飯はハンバーグ。

夕べのパン作品はバンズ。
グラハム入りで、ちょっとハードに仕上げてみました。厚めにスライスしたトマトと玉ねぎとハンバーグを挟んで、贅沢なハンバーガーの出来上がり。

ちょっと朝食にはヘビーすぎて、ランチに繰越し。でもちょっと幸せ。


29/Aug/2002

家計簿から


電気 12800
ガス 6800
水道 3500
電話 3000
携帯・PHS 6000
プロバ(ADSL) 4150
------------------------
TOTAL 36250/月

残り4ヶ月を推定して、今年の水道光熱費+通信費の月平均です。
昨年も 月平均40000くらいでした。
あ、これにNHKの受信料をプラス。14000/年 くらいだっけか。
これって、二人で生活するにはオーバーなのか、普通なのか・・・


28/Aug/2002

早起きは本当に得?


今週に入ってから、いつもより1時間近く早い起床をしている。
昨日、一昨日と、3人で平日の朝散歩に出かけた。

いつもより余裕があって良いはずなのに、いつもよりも時間が足りなくて、いつもよりも慌てて家を出る始末。
なんなんだよー!いじわる。


朝は、昼や夕方とは違う方向から部屋の中に陽が入り、普段は目につかないホコリヤ汚れが気になってしまうのです。そして突然掃除を始めたりするから時間が足りなかったりするんだよね(笑)

今日は散歩に行かずに、家の中を片付けていた。そしたら余裕だった。
と言うことは、、、もっと早く起きれば大丈夫ってことなのかしら??

3日坊主の3日目に当たる今日。明日で坊主になるかどうか運命の分かれ道。


23/Aug/2002

やっちまった


脳みその遠く彼方のほうでHIROの事務所の電話が鳴っている。
「仕事とはいえ、時間を考えて電話しろよな!」と、なかなか起きないHIROを揺する。

次の瞬間、2人が同時にガバっと起き上がる。
「嘘だろー、、、」目覚し時計を両手に持ってプルプルするHIRO。
あはは、寝坊した寝坊。
時刻は9:10だった。私は会社に寝坊したことを連絡して、HIROは慌てて仕事を開始。
NORI: 「目覚まし鳴っていないよね?」
HIRO: 「ううん、鳴っていた」
NORI: 「そうなんだ。私は全然知らないから、悪くないね」・・・平然
HIRO: 「そうだな」・・・妙に納得

社会人としては許されないことだけど、たまにはこういうこともあります。
私はこういうときは開き直るタイプで(笑)、慌てません。

高校生のときも、期末試験に寝坊して担任の先生から電話もらったこともあったっけ。
って言うか、しょっちゅう電話で起こされていたどうしようもない生徒でした。


20/Aug/2002

電車


過去の電車通勤話。
わしでも年に数回しかしないぞ!ってくらいのくっさいオナラを連続でかまして平然としているのには参った。あれは史上最大に臭かった。誰だかわからなくて、そこに居合わせた人全員が顔をしかめて他人を疑っていた。だれだ、犯人は!

痴漢も外せない話題。今では痴漢対策の女性専用車両なんてものも試験的に登場しているそうで。「根本的解決にならない。差別だ」などの理由で反対している人々もいるそうですが、あってもいいよねー?あればそっちに乗るけどな。
私も乗っていた埼京線なんて地獄のようなラッシュ。しかも痴漢の多さで知られている。
大体の痴漢が、駅に停車するちょっと前に痴漢行為をします。「何すんだよ!」と言うと、開いたドアから一目散に逃げて、隣の隣の車両くらいに飛び乗るのです。
おいおい、またやるんかい(呆)

忘れられない出来事は、私の目の前の女性が立ったまま貧血を起こしていたこと。
3本乗り継ぎの1本目の電車は、私の乗る駅が始発ということもあり、終点まで1時間以上座っていけるので、いつも爆睡。ある日、車両からみんな出て行くのに、いつまでもラッシュのように私の座っている膝に体重がかかったままでした。寝ぼけたまま顔を上げてみると、白目を剥いた若い女性が目の前に立っているじゃーありませんか!「だだだだ大丈夫ですか?」声をかけますが、まるで反応なし。体を支えますがフニャフニャです。「どーしよー、アワワ」
とそこへ、仲間が「○○ちゃん、どうしたの!」と駆け寄って来ました。
「(ほっ、良かった)あのー、立ったまま気を失ってしまったみたいで・・・・・」
通勤という感じではなかったので、普段あんなラッシュの電車に乗ることなんか無いのでしょうが、気づいてやれよ!って感じですよね。大丈夫だったかな?


18/Aug/2002

富士山


私が通っていた埼玉県の中学校の教室の窓からは、キレイな富士山が見えた。
母の実家は山梨で、毎年富士山の5合目まで連れて行ってもらっていた。
普通に走る道からも、教室から見る富士山の何倍もの姿が見える。近づいて行くと、裾野が自分の足元まで延びているような不思議な感覚だったな。

歳のせいなのか、、、そんな自分を最近になって幸せに思う。
世界一かも?と思えるそのシルエットを当たり前のように見れていたのだから。

この夏も、キレイな富士山を見ることができて幸せでした。


10/Aug/2002

Diary


平日よりも早起きをして洗濯して、美容院へ。
名古屋に来てから、同じ美容院へ足を運んだことがありません。これだ!と思えるところが見つかっていないからです。そのせいか?ついつい美容院へ行く足も遠のきがち。
今回も初めてのところを予約してみました。
それほど技術を必要としない施術だったので、私の感じるところの腕前は判断のしようがありませんでしたが、私が言わんとしていることは伝わっているのはうれしかったです。
やりたいスタイルを実行するためには「あと半年は頑張ってのばしましょうね」と言われました。ガマンできるかな・・・
残念だったのが、シャンプー担当のコがいまひとつだったこと。
丁寧に時間をかけてくれてもツボを得ていなかった。まだまだ修行が足りんぞ!(笑)

ドキドキしたガラスの器美容院から数十メートル離れたところにある大好きな雑貨屋さんに顔を出した。
もしもお気に入りのがあっても買わないつもりだったんだけど、ドキドキするくらいのガラスの器を発見。うーん。欲しい。手作りのガラスなんだけど、キレイだった。
値段がちょっと張ったのですが、これは自分のこづかいから出費。
帰ってから昨日作ったコーヒーゼリーを盛って、満足しました。うれしかったな。

明日の早朝に関東へ向けて出発です。年に数回の帰省はいろいろな楽しみがあります。
今回はどんな時間が待っているかな〜


8/Aug/2002

ごめんね


candle昨年12月に友達からもらったかわいらしいキャンドル。
なかなか点火できずにインテリアの一部になっていました。
玄関や棚の上を転々として。
今年の冬には、灯そうと思っていたのです。

キャンドルは点火されてこそキャンドル。
もったいぶった私がいけなかったのでしょうか・・・
かわいそうなキャンドル
猛暑の名古屋、猛暑の我が家は、とても過酷な環境だったようです。

「もう耐えられません・・・ヘニャヘニャ」

そう言い残して変わり果てた姿で倒れていました。昨日の朝の出来事・・・
ごめんね、気づいてあげられなくて。

もうあの美しい姿に戻してあげることはできないけど、冬には灯りを灯そうね。


7/Aug/2002

休みの準備


あと少し・・・あともう少し働けばやすみ!
あっついあっつい自転車通勤から1週間ちょっとだけ解放される(笑)

帰省やキャンプのため長期留守を定期的にする我が家では、一番最初にする準備があります。それは冷蔵庫の整理。カラにして出かけないとね。
それにかこつけ、食料を買い控え惣菜や外食に走ってしまう。
単なる言い訳ではありますが〜♪たまにはいいでしょ。

こういうとき、近所にお店があると便利なのよね。
中華・イタリアン・和食と、どれをとっても並より上のお店ばかりが歩いて行ける距離にありますので、お持ち帰りします。主に、ご飯を炊いて副菜や汁物も準備。メインだけを買ってくる。


すっかり帰宅後の日課になったパン作り。なんとドライイーストを切らしていた。
買えばいいんだけど、、、夏休み明けまでお預けすることに。さ〜てガマンできるかな?!
家の片付けと、休みのために体力温存。



2/Augy/2002

ドジ話


会社で電話を取ったら

銀行 「○○銀行ですけども、経理の担当の方いらっしゃいますか?」と。
私  「はい、わたくしですが」 ・・・いやーな予感。
銀行 「あのですね、先ほど○○郵便局さんからこちらに電話がありまして、○○○○様の
    通帳がポストに入っていたとのことなのですが・・・」
私  「絶句」 

そそそそう言えば、会社の通帳持って記帳してポストに郵便物突っ込んで、帰ってきたときバッグの中には通帳が無かった。(言われるまで気がつかなかったんだけど)
間に挟まっているのに気づかないで投函しちゃったんだ!

とりあえず現金は下ろしていなかったので大きな問題にはなりませんでしたが、もしも挟んだまま投函してしまったら、郵便局に寄付したことになっちゃうのかしら〜


←7月  9月→