26/feb/2002

ものおもふ


あることがきっかけで、ふと考えたことがある。

言い方が難しーなー。うーんとうーんと・・・

私が大切な人から求められる理想なもの。
それは、女性としての魅力ではなくて、一人の人間として魅力を感じて欲しい。
もちろん100%ということは、これから先も難しいことだと思っている。
だからこそ、常に前を向いて歩いていたい。
そして、大切に思う人だからこそ、その人と一緒にできるだけ同じ方向を向いて歩いて行きたい。同じ道じゃなくていい。回り道も寄り道もある。

そのためには、独りよがりではうまくいかない。
相手のペースに合わせるのではなく、お互いの配慮(思いやり)が時と場合によって必要。
わかっているのに、たまに、それを忘れてしまって「しまったー」と思うことがあるけれど、素直に反省して、次に向かう。

また、お互いから良い部分を吸収して成長していきたい。

この気持ちは大切な人(いわゆるHIRO)以外の人にも当てはまることかも知れない。


21/feb/2002

思い出しただけでも・・・

むか〜しつきあっていた彼が、昆虫とか魚とか好きな人だった。
ずーっと、群馬県にある「蛇センター」に行ってみたいと言っていた。
当然のことながら、私は拒否。ニョロニョロ系が、とっても苦手なのです。

どうしてか理由は覚えていないのですが、行くことになってしまいました。
何か賭けに負けたのかも。

もーそりゃー口では表現できないほど恐ろしいところで、体中が痒くなってくる思いでした。
個室に入っている蛇たちは全然良い方で、プールくらいの囲いの中にどっさりびっしりウゴメク「マムシ」とか、思わず覗き込んで声が出てしまった。
そのマムシコーナーから立っている柱の天辺には、ニョロニョロ巻き付いているし。
いつ落ちてくるんじゃないか、、、とか、もしかしてその辺をニョロっていて噛まれちゃうんじゃないか、、、とか、考えちゃいますよねー。

あー恐かった。


←1月  3月→